★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 アイドルグループ「SKE48」の高柳明音さんが3月4日、東京都内で行われた写真集「いつか、思い出したいこと。」(光文社)の発売記念会見に出席。今月15日に横浜アリーナで予定されていた自身の卒業コンサートが新型コロナウイルスの感染拡大のため中止となった高柳さんは、「みんなで楽しく終わるため下した決断。苦渋の決断でしたけど、いまここでやると笑顔で終われないかもしれないので」と思いを語った。

 11年在籍したSKE48での一番の思い出は「ライブ」。高柳さんはその大好きなライブで「悲しい思いをする人が出てしまうのが一番切ないし、悔やんでしまう」とし、中止を決めたという。「アイドルはみんなに幸せを届けるもの。それができないなら(卒コンは)今じゃない。『しょうがない』というより、誰にも悲しい思いをさせたくない。前向きなプラスになるつなぎ方をしていこうとスタッフさんと話した」と中止に至るまでの経緯を明かした。

 今春の卒業を発表していたが、卒コン中止の影響で時期は未定に。詳しいことは高柳さん自身も「わからない」としたが、「春以降の個人の仕事がちょっとずつ増えてきている。どんな形になってもみんなが笑顔になるニュースを届けられれば」とコメント。また卒業後については「お芝居が好きなので女優さんになりたい。この道一本でやっていきたい」と意気込んだ。

 自身2冊目、アイドルとしては最後となる写真集はベトナムで撮影。「11年の思いを詰め込んだ。28歳の大人っぽい私から無邪気な表情まで、いろんな一面がある」と笑顔でアピールした。大胆なランジェリーカットにも挑戦しており「これが年相応の子が着るものかと緊張があった。セクシーさが出ていたらうれしい」と照れながら振り返った。

 写真集のタイトルは秋元康さんが命名。A4判変型ソフト、144ページ。価格は2000円(税抜き)。

おすすめの記事