ドイツの小説家フェルディナント・フォン・シーラッハのベストセラーを映画化。ある殺人事件の担当になった新米の弁護士が、自身の過去や国家の不祥事と向き合う。『はじめてのおもてなし』などのエリアス・ムバレク、『イマジン』などのアレクサンドラ・マリア・ララのほか、ハイナー・ラウターバッハ、フランコ・ネロらが出演。メガホンを取ったのは『クラバート 闇の魔法学校』などのマルコ・クロイツパイントナー。

作品情報:https://www.cinematoday.jp/movie/T0025141
公式サイト:http://collini-movie.com/
配給:クロックワークス
(C) 2019 Constantin Film Produktion GmbH

おすすめの記事