★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 女優の三吉彩花さんが10月20日、東京都内で行われた、女優の黒木瞳さんが監督した映画「十二単衣(ひとえ)を着た悪魔」(11月6日公開)の完成報告会に出席。ヌードカラーの個性的なワンピースを着こなし、美肌をちら見せしていた。

 ワンピースは、ポンチョやアメリカンスリーブ風のデザインが特徴的。エキゾチックなムードのアクセサリーを合わせて華やかさをプラスし、ぱっつん前髪のボブヘア、クールなメークで大人っぽく仕上げていた。

 報告会には、伊藤健太郎さん、伊藤沙莉さん、山村紅葉さん、笹野高史さん、黒木さん、LiLiCoさんも出席した。

 映画は、内館牧子さんの長編小説「十二単衣を着た悪魔 源氏物語異聞」(幻冬舎文庫)が原作。就職試験59連敗中の実家暮らしのフリーター・伊藤雷(伊藤健太郎さん)が、ひょんなことから「源氏物語」の世界にトリップし、陰陽師として奮闘する……というストーリー。三吉さんは息子を帝位に就けるため雷を登用する、弘徽殿女御(こきでんのにょうご)を演じた。

おすすめの記事