映画『おらおらでひとりいぐも』の初日舞台あいさつが行われ、主演の田中裕子をはじめ、蒼井優、濱田岳、青木崇高、沖田修一監督が登壇。映画について語ったトーク部分をノーカットでお届け!

〜見どころ〜
第54回文藝賞と第158回芥川賞に輝いた若竹千佐子の小説を原作にしたヒューマンドラマ。主婦として子育てを終えたところで夫に先立たれた女性が、自身の歩んだ道のりを回顧しながら孤独な毎日をにぎやかなものへと変えていく。メガホンを取るのは『横道世之介』『子供はわかってあげない』などの沖田修一。『いつか読書する日』などの田中裕子と『宮本から君へ』『るろうに剣心』シリーズなどの蒼井優が、それぞれ現在と20歳から34歳のヒロインを演じている。

〜あらすじ〜
ひとり暮らしをする75歳の桃子(田中裕子)は、東京オリンピックの開催に日本中が湧く1964年に、その熱狂に導かれるように故郷を飛び出して東京に来た。それから55年の月日が流れ、母として二人の子供を育て上げ、夫・周造と夫婦水入らずの穏やかな余生を送ろうとするが、その矢先に彼に先立たれてしまう。突然の出来事にぼうぜんとする中、彼女は図書館で借りた本を読み漁るように。そして、46億年の歴史をめぐるノートを作るうちに、見るもの聞くもの全てに問いを立て、それらの意味を追うようになる。

映画情報:https://www.cinematoday.jp/movie/T0024967
公式サイト:https://oraora-movie.asmik-ace.co.jp/
(C) 2020 「おらおらでひとりいぐも」製作委員会

おすすめの記事