★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 女優の武田玲奈さんが11月27日、東京都内で行われた主演映画「真・鮫島事件」(永江二朗監督)の初日舞台あいさつに、「虹のコンキスタドール」の鶴見萌さん、清水理子さんと登場した。

 映画は、「2ちゃんねる」発の都市伝説「鮫島事件」を原案にしたパニックオリジナルホラー。佐々木菜奈(武田さん)は、その日、高校時代の同級生たちと、毎年恒例の部活飲み会をリモートで開催した。仲間の一人あゆみが、連絡もなしに参加してこない。不審に思うメンバーたち。すると裕貴(林カラスさん)、鈴(鶴見さん)が重い口を開いた。20年以上前に流行した「鮫島事件」という都市伝説があり、「鮫島事件」の真相に触れた者は、必ず呪われて死ぬとされていること。さまざまな説がある中、その廃墟に3人で行ったこと。そして、その時からあゆみの様子がおかしかったこと。「鮫島事件の呪い」は、実在するのか? パニックに陥る菜奈たち。そこには想像を絶する恐怖が待っていた……というストーリー。

 「虹のコンキスタドール」のメンバーで2018年にソロデビューを果たした清水さんが、本作の主題歌「ツグム。」を担当する。

おすすめの記事