映画『あのこは貴族』の舞台あいさつが第33回東京国際映画祭で行われ、門脇麦、水原希子、高良健吾、岨手由貴子監督が登壇した。

〜見どころ〜
山内マリコの小説を原作にしたドラマ。結婚こそ幸福と考えて相手探しに奔走する女性と大学を中退して怠惰に生きる女性の人生が交錯する。メガホンを取るのは『グッド・ストライプス』などの岨手由貴子。『さよならくちびる』などの門脇麦、『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』などの水原希子が出演する。

〜あらすじ〜
都会に生まれ、結婚こそが幸せという価値観を抱く20代後半の榛原華子(門脇麦)は、結婚を意識していた恋人に振られてしまう。名門女子校時代の同級生たちの結婚や出産を知って焦る彼女は相手探しに奔走し、良家出身で容姿端麗な弁護士・青木との結婚が決まる。一方の時岡美紀(水原希子)は富山から上京して慶應大学に進むものの中退、働いていてもやりがいを感じられず、恋人もおらず、東京で暮らす理由を見いだせずにいた。全く異なる生き方をしていた2人の人生が、思わぬ形で交わっていく。

映画情報:https://www.cinematoday.jp/movie/T0025330
公式サイト:https://anokohakizoku-movie.com/
(C) 山内マリコ/集英社・『あのこは貴族』製作委員会

おすすめの記事