★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載されたマンガ「約束のネバーランド」の展覧会「連載完結記念 約束のネバーランド展」が、12月11日~2021年1月11日に六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー スカイギャラリー(東京都港区)で開催される。10日にメディア向け内覧会が開催され、原画や資料、原作の白井カイウさん、作画の出水ぽすかさんが展覧会のために描き下ろした19ページの完全新作「Dreams Come True」などがお披露目された。

 展覧会では、名シーンの原画やカラーイラスト、連載開始前の秘蔵資料など約150点が展示され、第1話から最終回までの軌跡をたどる。描き下ろしの完全新作「Dreams Come True」は「完結後のエマと家族たちのお話」がテーマで、最終回後の主人公・エマと仲間たちの物語が描かれる。

 東京の景色が見渡せるエントランスエリアには、コミックス全巻のカバーイラストが飾られ、夜になると夜景と共に展示を楽しめる。会場は、ソンジュとムジカエリア、ゴールディ・ポンドエリア、それぞれの決意エリアなど作品の世界観を表現したエリアに分かれる。エマたちがゴールディ・ポンドで戦ったレウウィス大公、バイヨン卿、ノウマ、ノウス、ルーチェといった密漁鬼5体の鬼の面を再現した展示のほか、作中に登場した“あの方”のフォトスポットも登場する。

 東京会場は、12月11日~2021年1月11日午前10時~午後10時に六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー スカイギャラリーで開催。大阪会場は、2021年3月17日~4月5日に大丸ミュージアム<梅田>(大阪市北区)で開催される。

 「約束のネバーランド」は、白井さん原作、出水さん作画のマンガ。小さな孤児院、グレイス=フィールドハウスで幸せに暮らすエマ、ノーマン、レイがある日、孤児院とママ(育ての親)に隠された衝撃の真実を知り、生きるため、“脱獄”を決意する……というストーリー。「週刊少年ジャンプ」で2016年8月~2020年6月に連載された。テレビアニメ第1期が2019年1~3月に放送。第2期が、2021年1月7日にフジテレビの深夜アニメ枠「ノイタミナ」でスタートする。女優の浜辺美波さん主演の実写映画が12月18日に公開される。

おすすめの記事