★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 モデルで女優の池田エライザさんが初めて映画監督に挑戦した作品「夏、至るころ」が12月4日、公開初日を迎え、池田さんが出演者らが舞台あいさつを行った。

 舞台あいさつには主演の倉悠貴さん、出演者のリリー・フランキーさん、原日出子さんも出席。主人公の祖父役で出演しているリリーさんは、池田さんの監督ぶりについて「すごく安定感のあるきっちりした的確な監督。仕上がりを見ても、(当時)22歳の女の子が撮った映画じゃないんですよね」と絶賛。さらに「22歳の可愛らしい女の子が撮ったというより、70歳ぐらいのベテランのじいさんが撮ったみたいな……」と冗談を交えつつ感想を明かし、池田さんを苦笑させていた。

 「夏、至るころ」は、映画会社「映画 24区」が「地域」「食」「高校生」をキーワードに全国の自治体と組んで製作する「ぼくらのレシピ図鑑」シリーズの第2弾。池田さんが原案も担当した。福岡県田川市で育った幼なじみの2人の男子高校生を軸に、青春時代の後悔や挫折、人生の希望や家族の愛を、みずみずしく描いた。メインキャストには、映画初主演となる倉さん、新人の石内呂依さん、AbemaTV「恋愛ドラマな恋がしたい3」などで知られる、さいとうなりさんを起用している。

おすすめの記事