0

★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 女優の芦田愛菜さんが12月13日、東京都内で行われた「映画 えんとつ町のプペル」(廣田裕介監督、12月25日公開)の完成披露試写会に登場し、見どころを語った。

 同映画は、お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣さんの絵本「えんとつ町のプペル」が原作の劇場版アニメ。芦田さんは、窪田正孝さんが演じるゴミ人間のプペルと共に「星を見つける」旅に出る少年・ルビッチを演じている。

 「えんとつ町のプペル」は、西野さんがプロデューサーを務め、イラスト、着色、デザインなど33人のクリエーターによる分業体制で製作された絵本。全ページをネットで公開したことなども話題となり、累計発行部数は50万部を超える。煙突だらけのえんとつ町を舞台に、親を亡くしたルビッチ、ハロウィーンの夜に現れたゴミ人間のプペルの奇跡の物語を描いている。アニメは、「鉄コン筋クリート」「ハーモニー」などのSTUDIO4℃が製作する。

おすすめの記事