0

9人組アイドルグループSnow Man特集の最終話をお送りする。
去年3月、念願のデビューライブ「Snow Man ASIA TOUR 2D.2D.」のリハーサルが行われていた。デビューまでの下積みが15年というメンバーもいる中、ようやく掴んだ一生に一度の夢のステージだ。しかしコロナ禍のため全公演が中止に。その後、無観客の生配信ライブに形を変え、10月下旬に開催されることとなった。

9月、デビューライブに向けたリハーサルが再開した。しかし長い自粛期間を経た体は思うように動かず、振りを一から確認することに。深澤辰哉はライブの構成について、Snow Manのオリジナル楽曲だけで組み立てたいと提案。「デビューライブをSnow Manの曲だけでできるっていうのは、それも1個話題というか。そういうSnow Manらしいというか、すごいいい見せ方がきっとできる」と意気込みを語った。

迎えたライブ前日、実際の会場でリハーサルが行われた。客席を埋めつくす美しい電飾や、ステージから吹き上がる火花などの特殊効果を目の前で見たメンバーは、高揚感を隠し切れない。しかし、本番を想定したダンスリハーサル中、佐久間大介がセットの溝に足を挟み右足を捻挫してしまう。佐久間は「怪我、嫌なんだよな。知られたくないですよ。いつも怪我しても絶対に言わないんですよね。ファンの人とか、正直関係ないじゃないですか。お金払っているのに、こいつ怪我しましたみたいなの、失礼かなって」と悔しさをにじませた。そんな佐久間に目黒は「つきもんだよ、怪我は。それだけすごいことをしてるってことだから」と声を掛けた。

いよいよライブ当日。デビューから10ヶ月を経てたどり着いた、またとない悲願のステージ。数々の逆境に立たされながらも、全身全霊を捧げ努力を積み重ねてきた彼らが繰り広げる圧巻のパフォーマンスとは。Episode4〜Never give up〜は1月15日(金)24:55〜フジテレビで放送。

【公式ホームページ】 https://www.fujitv.co.jp/RIDEONTIME/

おすすめの記事