0

★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 女優の井上真央さんが1月9日、東京都内で行われた、公開中の主演映画「大コメ騒動」(本木克英監督)の公開御礼イベントに登場した。スペイン風邪が流行した大正時代、103年前に富山で起こった「米騒動」に基づく作品。コメの価格高騰で生活がひっ迫する中で家族のために立ち上がった女性たちの姿を描いた。井上さんは見どころを聞かれると「庶民の底力」と答えた。

 続けて「103年前のお話でも(現在と)共通する部分がある」といい、「大変なときに、名もない人の、庶民の『頑張ろう』とする力が、そのときの社会を大きく変えていったことになるのかなと思いました。そういう意味では、この時代に勇気を与えられるような、元気を与えられるような作品になったと思います」と手応えを語った。

 イベントは当初、観客の前での舞台あいさつとして予定されていたが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて無観客に変更して開催。井上さんは「こういう大変な状況が続くと、出口のないトンネルにいるような気分になることもあるんじゃないかなと思います。映画とか娯楽というものが、一筋の光になればいいなと思っていますし、そう信じて、頑張っていきたい」と思いを明かした。室井滋さん、鈴木砂羽さんも出席した。

 映画は、1918(大正7)年8月、富山の海岸に住む女性たちは、毎日上がるコメの価格に頭を悩ませていた。夫や育ち盛りの子供たちにコメを食べさせたくても高くて買えずに困った女性たち。コメの価格はますます高騰し、ある事故をきっかけに我慢の限界を迎え、ついに行動に出る……というストーリー。井上さんは主人公で、3人の子を持つ松浦いとを演じた。

おすすめの記事