有村架純、フェミニンな脚長パンツコーデ ブラウンネイルを差し色に

0

★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 女優の有村架純さんが1月12日、東京都内で行われた俳優の菅田将暉さんとのダブル主演映画「花束みたいな恋をした」(土井裕泰監督、1月29日公開)の完成報告イベントに出席。胸元や肩に透け感のある白いブラウスを黒いワイドパンツにインし、シックなベルトでウエストマークした脚長コーデだった。

 ブラウスは、花の刺しゅうやレースになった袖がフェミニンなアイテム。差し色にしたブラウン系のネイル、ふんわりとしたウエーブヘアがナチュラルな雰囲気だった。

 映画は終電を逃したことで偶然出会った大学生の麦(菅田さん)と絹(有村さん)の5年におよぶ恋を追っていくラブストーリー。脚本は連続ドラマ「東京ラブストーリー」「最高の離婚」「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(いずれもフジテレビ系)などの坂元裕二さんで、監督の土井さんとは連続ドラマ「カルテット」(TBS系)以来、映画では初タッグを組む。イベントには、菅田さん、土井監督も出席した。

おすすめの記事