「プロジェクト東大王」第7回予告「笑顔で終われる結果に。」 恐怖の「負け残り逆トーナメント」 脱落者は出るのか…

★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 タレントのヒロミさんとお笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太さんがMCを務めるクイズ番組「東大王」(TBS系)と連動したオリジナル番組「プロジェクト東大王」の第7回「笑顔で終われる結果に。」が3月3日、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で配信された。

 「プロジェクト東大王」は、オーディションを突破した10人の現役東大生が、東大王メンバーを目指してさまざまな課題に挑戦する番組。“東大クイズ王”としても知られる伊沢拓司さんが、課題を与える総監督を務めるほか、お笑いコンビ「NONSTYLE」の井上裕介さんと「ラランド」のサーヤさんも出演する。

 第7回のサブタイトルは「笑顔で終われる結果に。」。残された9人のメンバーたちに、伊沢さんが出した課題は、一つの問題に対し複数の答えが存在する「多答問題」。「間違えれば即敗北」という究極のプレッシャーの中で、勝ったら抜けられる「負け残り逆トーナメントマッチ」がスタートする。脱落者を出さない唯一の手段は、対戦する両者が全問正解し、全員が勝ち残るという方法だけ。果たして、脱落するメンバーは出てしまうのか、それとも9人のメンバーが全員勝ち残ることができるのか……。

おすすめの記事