新田真剣佑、松ケンの“信長”オーラに恐怖? 撮影中は会話なく 映画「ブレイブ -群青戦記-」公開初日舞台あいさつ

★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 俳優の新田真剣佑さんが3月12日、東京都内で行われた主演映画「ブレイブ -群青戦記-」(本広克行監督)の公開初日舞台あいさつに共演の松山ケンイチさんらと登場。新田さんは、織田信長役を演じた松山さんとは「こうやってお話をさせてもらうのは(今日が)初めて」と、撮影中は会話がなかったことを告白。新田さんはその理由について「撮影外でも、ずっと織田信長のキャラクター通りに、自分の空間に踏み込んだら切る、というようなオーラでいらしたので、非常に話しかけにくかったです。だから僕からは一度も話しかけなかったです」と明かした。

 松山さんは「真剣佑くんと最初に(クランク)インしたのが、ラストシーンだったんです。その前の衣装合わせのとき、監督から『(信長役として、新田さんを)ちょっとシメてください』と言われたんです。だからしゃべらない方がいいんだろうなと思って。たぶん一回もしゃべってないと思うんですよね、真剣佑くんと。あいさつはしているけど」と、新田さんとあえて会話をしなかった背景を説明。新田さんはそのエピソードを聞き、「やっぱりそういうことがあったのか……と思うぐらい、とげとげのオーラでいらっしゃいました」と苦笑していた。

 舞台あいさつには山崎紘菜さん、「劇団EXILE」の鈴木伸之さん、渡邊圭祐さん、本広監督も出席した。

 映画は、マンガ誌「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で連載された笠原真樹さんの「群青戦記 グンジョーセンキ」が原作。ある日、突然スポーツの名門高校まるごとが戦国時代にタイムスリップし、高校生たちは部活で培った身体能力、未来を知る現代人の知識を生かして戦国時代を生き延び、現代に戻ろうとする……という内容。

おすすめの記事