津田健次郎が大テレ!高野麻里佳から「こんなお父さん欲しい!」アニメ「極主夫道」魅力は… 「ネトフリアニメ!AnimeJapan 2021 メガ盛りステージ!」

Netflixのアニメのイベント「ネトフリアニメ!AnimeJapan 2021 メガ盛りステージ!」が3月27日、オンラインで開催中の国内最大級のアニメ展示会「AnimeJapan(アニメジャパン)2021」で行われ、「極主夫道」の主人公・龍役の津田健次郎さんが登場した。津田さんは、アニメについて「めちゃめちゃ面白い。学べることも多くて、主夫あるあるなど主夫業の豆知識が入っている」と魅力を語った。

 イベントでは、津田さん演じる龍の関西弁の話題になり、「関西弁のパンチ力にあふれている。ただ、普通の関西弁じゃないものも登場する。“極主夫関西弁”ですね」と話した。イベントには、アニメ「エデン」の主人公・サラ役の高野麻里佳さん、「バイオハザード:インフィニット ダークネス」の主人公・レオン役の森川智之さんも登場した。

 「極主夫道」は、新潮社のマンガサイト「くらげバンチ」で連載中のおおのこうすけさんのマンガが原作。“最凶”の極道「不死身の龍」といわれ、極道から足を洗った後に結婚して専業主夫となった龍が、家族や町の平和を守る姿を描くコメディー。玉木宏さん主演の連続ドラマも話題となった。

 アニメは、津田さんが、主人公の元ヤクザで専業主夫の龍を演じる。津田さんは同作の実写PVで龍を演じたことも話題になった。今千秋さんが監督を務め、J.C.STAFFが制作する。4月8日からNetflixで全世界配信される。

####
#津田健次郎 #極主夫道 #Netflix
★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

おすすめの記事