ARIA新作公開に佐藤利奈が感涙 故・川上とも子さんのアテナを「一生懸命抱きしめて歩みたい」 蒼のカーテンコール最終章「ARIA The BENEDIZIONE」公開も決定

★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 天野こずえさんのマンガが原作のアニメ「ARIA」の新作となる劇場版アニメ「ARIA The CREPUSCOLO」の公開初日舞台あいさつが3月5日に東京都内で開催され、佐藤利奈さんら声優陣が登場した。佐藤さんは新作で故・川上とも子さんからアテナ・グローリィ役を引き継ぎ、「台本をいただいて、とも子さんとアテナさんのことを考えて収録した」と振り返り、「決してともこさんのアテナさんがいなくなったわけではなくて、一生懸命私が抱きしめて歩みたいと思っています。その気持ちをお伝えしたい」と涙を流しながら思いを語った。

 佐藤さんは、新作の収録後も「もっとほかのアプローチがあったんじゃないかと考え続けてきた」と話し、「私もこの人たちの背中を追いかけていかなくちゃと思ったんですけど、なかなか先輩方の背中は遠くて……。でも、精いっぱいで臨ませていただいております」と語った。

 舞台あいさつには、アリス役の広橋涼さん、アーニャ役の茅野愛衣さん、水無灯里役の葉月絵理乃さん、佐藤順一総監督、名取孝浩監督も登場。新作アニメ「ARIA The BENEDIZIONE(アリア ザ ベネディジオーネ)」が制作されることも発表された。2015年に劇場上映された「ARIA The AVVENIRE」、同日公開された劇場版アニメ「ARIA The CREPUSCOLO」に続く、「蒼のカーテンコール」3部作の最終章となる。

 「ARIA」はマンガ誌「月刊コミックブレイド」(マッグガーデン、現在は休刊)で2002~08年に連載されたマンガが原作。水の都・ベネチアがモチーフの街を舞台に、ARIAカンパニーで一人前の水先案内人を目指す主人公・水無灯里の修業の日々、友人や先輩との交流などを描いている。テレビアニメ第1期が2005年、第2期が2006年、第3期が2008年に放送されたほか、OVA(オリジナル・ビデオ・アニメ)も制作された。

 新作は、天野さんの完全新作描き下ろしマンガが原作で、オレンジぷらねっとのメンバーを中心としたストーリーとなる。佐藤順一さんが総監督を務め、脚本を手掛ける。J.C. STAFFが製作する。

おすすめの記事