「風の谷のナウシカ」名シーン生披露!カリ城・クラリス「おじさま」も 声優・島本須美が展覧会「アニメージュとジブリ展」アピール

★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーに焦点を当てた展覧会「『アニメージュとジブリ展』一冊の雑誌からジブリは始まった」が松屋銀座(東京都中央区)で4月15日にスタート。同日、メディア向け先行内覧会が行われ、劇場版アニメ「風の谷のナウシカ」のナウシカ役などで知られる声優の島本須美さんが登場した。島本さんは、「風の谷のナウシカ」でナウシカがキツネリスのテトに噛まれ、「怖くない…」とつぶやく名シーンを生披露し、大きな拍手が上がった。

 島本さんは、「ルパン三世」シリーズの「ルパン三世 カリオストロの城」のクラリス役などでも知られる声優。会場に登場するなり「おじさま!」とクラリス風にあいさつ。この日は淡いピンクの衣装で「偶然なんですけど、ナウシカが腐海でオームの体液を浴びる前の衣装に似ていません? これから青に変わります」と笑顔で話した。

 島本さんは展覧会の展示を見た感想を「ついつい立ち止まってじっくり見てしまい、あっという間に時間がたってしまいました。『ナウシカ』は見て楽しい展示がたくさんあります。懐かしい思い出として見ていただければと思います」と語った。

 「『アニメージュとジブリ展』一冊の雑誌からジブリは始まった」は、鈴木プロデューサーが雑誌「アニメージュ」(徳間書店)で編集者として活躍していた1970年代末~1980年代の道のりを紹介する展覧会で、劇場版アニメ「風の谷のナウシカ」のセル画が初公開されたほか、富野由悠季監督の「機動戦士ガンダム」、押井守監督の「天使のたまご」など約200点の名作の資料が展示される。島本さんが音声ナビゲーションを担当する。

 松屋銀座の8階イベントスクエアで5月5日まで開催。宮城県石巻市なども巡回する。展覧会の開催を記念して、 松屋銀座の8階レストランシティ内のMGカフェで、風の谷のモンブラン(1210円)、飛行石のブルーレモネード(880円)などのコラボメニューを提供する。

おすすめの記事