「風の谷のナウシカ」竹谷隆之監修の風使いの腐海装束 マスク、蟲笛も 「アニメージュとジブリ展」に

★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーに焦点を当てた展覧会「『アニメージュとジブリ展』一冊の雑誌からジブリは始まった」が松屋銀座(東京都中央区)で4月15日にスタート。造形師の竹谷隆之さんが監修・制作した「風の谷のナウシカ」の「風使いの腐海装束」がお披露目された。

 風使いの腐海装束が等身大で制作されるのは初めて。装束の模様や腰に付けたバッグを再現した。長銃や蟲笛、瘴気のマスクも展示された。

 「『アニメージュとジブリ展』一冊の雑誌からジブリは始まった」は、鈴木プロデューサーが雑誌「アニメージュ」(徳間書店)で編集者として活躍していた1970年代末~1980年代の道のりを紹介する展覧会で、劇場版アニメ「風の谷のナウシカ」のセル画が初公開されたほか、富野由悠季監督の「機動戦士ガンダム」、押井守監督の「天使のたまご」など約200点の名作の資料が展示される。

 松屋銀座の8階イベントスクエアで5月5日まで開催。宮城県石巻市なども巡回する。展覧会の開催を記念して、 松屋銀座の8階レストランシティ内のMGカフェで、風の谷のモンブラン(1210円)、飛行石のブルーレモネード(880円)などのコラボメニューを提供する。

おすすめの記事