吉永小百合、爽やかな着物姿で主演映画の舞台あいさつ コロナ禍で完成し「ホッとしています」

★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 女優の吉永小百合さんが4月14日、東京都内で行われた主演映画「いのちの停車場」(成島出監督、5月21日公開)の完成披露試写会に出席した。爽やかな着物をまとった上品な装い。同作はコロナ禍でクランクイン、クランクアップを迎えて完成し、現在の心境を聞かれると「本当に、大変な思いのなかでクランクインしました。みんなで力を合わせて今日の日を迎えられて、ホッとしています」と笑顔を見せた。

 映画は、現役医師で作家の南杏子さんによる同名小説が原作。救命救急センターに勤めていた医師の白石咲和子(吉永さん)は、ある事件をきっかけに、在宅医として故郷・金沢の「まほろば診療所」で働き始める。これまでの命を救う現場との違いに戸惑いつつも、患者たちの願いや支える家族の思い、患者の心に向き合うことの大切さに気づいていく……というヒューマン医療ドラマ。

 この日は同作に出演する西田敏行さん、松坂桃李さん、広瀬すずさん、南野陽子さん、小池栄子さん、みなみらんぼうさん、泉谷しげるさん、中山忍さん、石田ゆり子さん、田中泯さん、成島監督も出席した。

####
#吉永小百合#いのちの停車場

おすすめの記事