安達祐実、村上虹郎と一緒に銭湯へ 石井杏奈は女子中学生を学生寮に誘う 夏帆、斎藤工らも出演 Huluオリジナル「息をひそめて」本編映像

★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 夏帆さん、村上虹郎さん、安達祐実さん、三浦貴大さん、瀧内公美さん、光石研さん、斎藤工さん、石井杏奈さんらが出演する動画配信サービス「Hulu(フールー)」のオリジナルドラマ「息をひそめて」の本編映像が4月23日、公開された。

 ドラマは1話完結のオムニバス形式で、全8話で構成。コロナ禍の2020年、東京・多摩川沿いに暮らす人々のささやかな日常を描く。4月23日から独占配信。今回の本編映像は、各話を約10分にまとめたものとなっている。

<第1話>増田妃登美(夏帆さん)は祖父の食堂を引き継ぎ、緊急事態宣言前までは順調に客足を伸ばし、町に定着しつつあった定食屋で生き生きと接客をする。

<第2話>大学生の高岡七海(石井さん)は帰りたい場所もなく一人学生寮にとどまり、多摩川河川敷で出会った中学3年生の筒井涼音(長澤樹さん)を学生寮に誘う。

<第3話>ごみ収集員の宮下心平(村上さん)と会社員の松崎妃美(安達さん)はマッチングアプリで出会い、心平の部屋のシャワーが壊れていたことから2人で近くの銭湯へ。

<第4話>三隅夕河(蒔田彩珠さん)は大学進学を控えるも、父・雅人(光石さん)との窮屈な日々の暇つぶしにUber Eatsの配達員を始め、好きではなかった生まれ育った町に思いをはせる。

<第5・6話>リモートワークになった十和田淳(三浦さん)と皐月(瀧内さん)の夫婦は24時間顔をつき合わせる生活で1ミリ単位で徐々にズレが生じ始める。

<第7・8話>高校3年生の諏訪珠美(小川未祐さん)と高校教師の水谷光生(斎藤さん)は合唱部の部活動を通して、建前で生きる今までの自分自身と向き合い始める。

おすすめの記事