寺島しのぶ、アメリカンスリーブで美肌見せ 光沢オールインワンで大人の魅力

★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 女優の寺島しのぶさんが3月29日、沢田研二さんと菅田将暉さんがダブル主演を務める映画「キネマの神様」(山田洋次監督、8月6日公開)の完成報告会見に登場した。アメリカンスリーブの白いトップス、光沢のある黒いベアトップのオールインワンを合わせたような装いで、大人の魅力を振りまいていた。

 オールインワンのウエストには、大きなパール風のボタンが付いており、トップスのバックにあしらわれたリボンと相まってクラシカルな雰囲気。ゴールドカラーのハイヒールが特徴的な黒いサンダルを合わせ、赤いペディキュアを差し色にしていた。

 「キネマの神様」は人気小説家の原田マハさんの同名小説が原作。主役のゴウは当初、昨年3月29日に死去した志村けんさんが演じる予定だったが、沢田さんが代役を務めた。

 ギャンブル漬けで借金まみれのゴウ(沢田さん)は、たった一つだけ愛してやまないものがあった。それは「映画」。若き日のゴウ(菅田さん)は助監督として、青春を駆け抜けていた。しかし、初監督作品「キネマの神様」の撮影初日に転落事故で大けがをし、その作品は幻となってしまう。半世紀後の2020年、あの日の「キネマの神様」の脚本が出てきたことで、ゴウの中で止まっていた夢が再び動き始める……というストーリー。寺島さんは、ゴウの娘・歩を演じている。

 会見には、菅田さん、永野芽郁さん、野田洋次郎さん、小林稔侍さん、宮本信子さん、山田監督も登場。出席予定だった北川景子さんは体調不良で欠席した。

おすすめの記事