松山ケンイチ、木村文乃と2人の世界に!? 思い出のシーンを振り返る 映画『BLUE/ブルー』公開記念舞台あいさつ

映画『BLUE/ブルー』公開記念舞台あいさつに、松山ケンイチ、木村文乃、東出昌大、柄本時生、𠮷田恵輔監督が登壇した。

〜見どころ〜
『ヒメアノ~ル』『犬猿』などの吉田恵輔監督が長年続けてきたボクシングを題材に、成功が約束されなくとも努力し続ける挑戦者たちを描いた青春群像劇。理想と現実のはざまでもがきながらも前に進む3人のボクサーと、彼らを見守る女性の葛藤を映し出す。リングに上がる若者たちを、『聖の青春』などの松山ケンイチ、『記憶の技法』などの柄本時生、『OVER DRIVE』などの東出昌大らが演じ、ヒロインを『ザ・ファブル』シリーズなどの木村文乃が演じる。

〜あらすじ〜
大牧ボクシングジムに所属する瓜田信人(松山ケンイチ)は、人一倍努力するも負け続きのボクサーだった。彼の後輩で日本チャンピオン目前の小川一樹(東出昌大)は、瓜田がひそかに好意を寄せる天野千佳(木村文乃)と交際し、全てを手にしたかに見えたが、脳の病が発覚し引退を迫られる。ある日、女性にモテたいという楢崎剛(柄本時生)がジムに現れる。

作品情報:https://www.cinematoday.jp/movie/T0025859
公式サイト:https://phantom-film.com/blue/
(C) 2021『BLUE/ブルー』製作委員会

#松山ケンイチ #木村文乃# 東出昌大

おすすめの記事