石田ゆり子、吉永小百合と自撮り「幸せな時間でした」 「いのちの停車場」完成披露試写会

★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 女優の石田ゆり子さんが4月14日、東京都内で行われた吉永小百合さん主演の映画「いのちの停車場」(成島出監督、5月21日公開)の完成披露試写会に出席した。劇中でプロの女流囲碁棋士・中川朋子を演じた石田さんは、主人公で医師役の吉永さんに「『携帯で自撮りしません?』と言って写真を撮るシーンがあって、それがすごくうれしかったです」と明かした。

 石田さんは「私、ずっと10代の頃から憧れてきて、こういう日が私の人生に来るんだという……(笑)。『何やってるんだろう、私は』ととても思いました。とても幸せな時間でした」と述懐した。

 この日は、吉永さん、松坂桃李さん、広瀬すずさん、西田敏行さん、南野陽子さん、小池栄子さん、みなみらんぼうさん、泉谷しげるさん、中山忍さん、田中泯さん、成島監督も出席した。

 映画は作家の南杏子さんの小説「いのちの停車場」(幻冬舎)が原作。東京の救命救急センターで働いていた医師・白石咲和子(吉永さん)は、ある事件の責任をとって退職し、実家の金沢に帰郷し、父(田中さん)と暮らしながら「まほろば診療所」で在宅医師として再出発をする。院長の仙川徹(西田さん)と訪問看護師の星野麻世(広瀬さん)、東京から咲和子を追いかけてきた野呂(松坂さん)と共に、咲和子はさまざまな事情から在宅医療を選び、治療が困難な患者たちと出会い戸惑いながらも、まほろばのメンバーと共にいのちの一瞬の輝きに寄り添っていく……。

####
#石田ゆり子

おすすめの記事
石田ゆり子、吉永小百合と自撮り「幸せな時間でした」 「いのちの停車場」完成披露試写会

★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 女優の石田ゆり子さんが4月14日、東京都内で行われた吉永小百合さん主演の映画「いのちの停車場」(成島出監督、5月21日公開)の完成披露試写会に出席した。劇中でプロの女流囲碁棋士・中川朋子を演じた石田さんは、主人公で医師役の吉永さんに「『携帯で自撮りしません?』と言って写真を撮るシーンがあって、それがすごくうれしかったです」と明かした。

 石田さんは「私、ずっと10代の頃から憧れてきて、こういう日が私の人生に来るんだという……(笑)。『何やってるんだろう、私は』ととても思いました。とても幸せな時間でした」と述懐した。

 この日は、吉永さん、松坂桃李さん、広瀬すずさん、西田敏行さん、南野陽子さん、小池栄子さん、みなみらんぼうさん、泉谷しげるさん、中山忍さん、田中泯さん、成島監督も出席した。

 映画は作家の南杏子さんの小説「いのちの停車場」(幻冬舎)が原作。東京の救命救急センターで働いていた医師・白石咲和子(吉永さん)は、ある事件の責任をとって退職し、実家の金沢に帰郷し、父(田中さん)と暮らしながら「まほろば診療所」で在宅医師として再出発をする。院長の仙川徹(西田さん)と訪問看護師の星野麻世(広瀬さん)、東京から咲和子を追いかけてきた野呂(松坂さん)と共に、咲和子はさまざまな事情から在宅医療を選び、治療が困難な患者たちと出会い戸惑いながらも、まほろばのメンバーと共にいのちの一瞬の輝きに寄り添っていく……。

####
#石田ゆり子

おすすめの記事